top of page
  • KM

研究会は10周年を迎えました 2022/02/25

10年前の2月25日、2年という準備期間を経て日本学校俳句研究会は産声を上げました。「全国の教員と連携しネットワークを作って、指導のアイデアを共有し俳句教育の新たな流れを作りたい」。そうした思いで立ち上げた研究会。本ホームページをご覧いただけばわかるように、10年間の成果は十分なものでした。10周年を記念して行なわれたトークルームは、その成果を確認し、次なる10年への決意を新たにするものでした。

(下記、幹事長上澤からの挨拶)

参加してくださった皆さん、参加できなかったけれど気に留めてくださった皆さん、ありがとうございました。自分の知らない10年の歴史をいろんな方から伺うことができ、大きな刺激になりました。皆さんにとって、研究会がそれぞれ大切な人生の彩りとなっていることがよくわかりました。俳句教育、というだけでなく、人間同士の運命的な繋がりをいくつも産んでいる研究会ですね。10周年、おめでとうございます。これからもよろしくお願いいたします。





閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

俳人協会では毎年「教職員のための俳句指導の方法」という夏季俳句指導講座を開催しています。今年は、本会の幹事長、上澤篤司(江東区第二亀戸小学校)が小学校の部で講演を行います。 *2023年8月5日(土) *新宿区 公益社団法人 俳人協会にて。(ZOOMによる同時配信あり) *テーマ「俳句の授業の実践」~「つながり」を豊かにする俳句指導 十数年にわたり、学校で、日本学校俳句研究会で積み重ねてきた実践の

bottom of page